Fuktommyがこんなの買いました

砂糖が吹いた小城羊羹

子供の頃は、羊羹というものは放っておくと、表面に砂糖が浮き出てきて固くなるものだと思っていました。固くなってからの方がおいしいので、それまで待とうと思いつつ、ついつい食べてしまう。だから固くなったものはなかなか食べられないのだ、と。パック詰めされた一口羊羹は、空気に触れないので固くならないのだ、と。

実はそうではなく、表面に砂糖が吹いた羊羹は、そういう種類のものだと気がついたのは、もうちょっと大きくなってからのことでした。そして意外に、こういった羊羹を知らない人もいるようで、食べさせてあげようとしたのですが、なかなかデパートにもないのです。記憶を頼りに「オギ羊羹」といってたなあ、「荻羊羹」だろうか、等々と調べてみると、佐賀の小城羊羹というものだとわかり、さっそく注文しました。

記憶にあるのと同じく、砂糖が固くて、甘い羊羹でした。残念ながら肝腎の妻の口には合わなかったようですが…

Copyright© 1998-2014 Fuktommy. All Rights Reserved.
webmaster@fuktommy.com (Legal Notices)